事例紹介

「水道」で蓄積した技術を展開して「小水力発電」分野に挑戦する日本エンヂニヤの牧志龍男社長に、注力する除塵(じょじん)装置などについて聞いた。

除塵装置で小水力発電の普及促進に貢献、日本エンヂニヤ

日本はこの先、国を挙げて洋上ウィンドファーム(大規模風力発電施設)の建設を目指す。漁業関係者はじめ先行利用者との利害調整が鍵を握る。有望な区域はどんなところが選ばれているのだろうか。

洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成

グローバル展開するソニーだが、電力消費量の多くを占めるのは、半導体製造などの国内事業。RE100実現のポイントは、国内の再エネ調達をどう実現させていくかだ。日本初、メガワット級太陽光発電設備を活用した「自己託送」に注目が集まる。

ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!

2017年10月、日本企業2番目、建築業界では初めてRE100に加盟した積水ハウス。同社の再エネ調達手法は、太陽光付きの家を手掛けてきた住宅メーカーならではのものだ。鍵を握るのは、卒FIT電力の買い取りサービス。常務執行役員(環境推進担当)の石田建一氏に、その背景と狙いを聞いた。

【積水ハウスの再エネ調達手法】顧客の卒FIT電力を買い取り、自社事業用電力として活用

首都圏の交通網を支え、住宅開発も手掛ける東急は、100年の歴史の中で新たな挑戦をしている。それが、RE100による低炭素・循環型社会の実現だ。具体的にどんな目標を立てたのか、その詳細に迫る。

東急100年目の挑戦! 鉄道事業の電力もRE100へ

化石燃料に依存するしかなかった重化学工業のエネルギー。それが、太陽光に置き換わるかもしれない未来が見えてきた。今後のさらなるクリーンエネルギー促進へ、ブレイクスルーになる可能性があるので注目したい!

太陽“集”光システムが、クリーンエネルギー促進のブレイクスルーになるか!?

再エネを取り巻く環境が、大きく変わろうとしている。FIT頼みではない、自立したビジネスモデルの構築が急がれている。電力会社とともに系統安定を担ってきた東芝は、いま非FIT市場に何を見るのか。

非FIT市場を支える。東芝の再エネの最適運用・取引サービスとは。

世界中の電子機器に使われている重要部材を製造する太陽ホールディングス。同社の子会社がこの度、米アップルとの間で製造電力を100%再生可能エネルギーでまかなうと約束した。そこに至った背景を探る。

サプライチェーンにも及ぶRE100のインパクト! 太陽ホールディングスの挑戦とは?

日本有数の信用金庫(預金量・貸出金量全国2位)である城南信用金庫は、国内金融機関では唯一のRE100参加企業であり、日本で初めてRE100目標を達成した組織でもある。城南信金は、なぜRE100に加盟したのか、どのように再エネ100%を実現したのか。吉原毅顧問(元理事長)に聞いた。

早くも再エネ100%達成! 日本の金融機関で唯一RE100参加の”城南信用金庫”

SDGsの達成に向けて、金融機関はどのように動いているのだろうか。多様化する資産運用ニーズに応じたコンサルティングを提供するSMBC日興証券に話を聞いた。

早期から環境へ投資! SMBC日興証券のSDGs達成への取り組み

1 2

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  4. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  5. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  6. 15歳の少女が始めた「気候変動に対する抗議活動」。今や全世界規模に発展!...
  7. 早くも再エネ100%達成! 日本の金融機関で唯一RE100参加の”城南信用金庫”...
  8. 再エネは一過性のブームではない? 安田陽氏が語る「課題と本質」
  9. 不具合の早期発見で利益を最大化! 後付けもカンタンな遠隔監視システムとは?...
  10. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売