事例紹介

太陽“集”光システムが、クリーンエネルギー促進のブレイクスルーになるか!?

化石燃料に依存するしかなかった重化学工業のエネルギー。それが、太陽光に置き換わるかもしれない未来が見えてきた。今後のさらなるクリーンエネルギー促進へ、ブレイクスルーになる可能性があるので注目したい!

ビル・ゲイツ氏も出資する
太陽“集”光システム

重化学工業のエネルギーが太陽光に置き換わるかもしれない。セメント、鉄鋼、石油化学など加工時に高温を必要とする産業は太陽光では熱源が足らず、化石燃料に依存するしかなかった。

しかし米Heliogen(ヘリオジェン)社が開発する太陽光システムは、太陽光を集光することで初めて1000度以上の高温を実現。同社にはビル・ゲイツ氏なども支援しており、今後のさらなるクリーンエネルギー促進へブレイクスルーになる可能性がある。


文/Yukinobu Kato

RE JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  3. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  4. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  5. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  6. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  7. 再エネは一過性のブームではない? 安田陽氏が語る「課題と本質」
  8. 太陽光発電所の“最善運用”とは? コスト・品質・効用の最適化がカギ
  9. ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!...
  10. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売