投稿一覧

日本の太陽光マーケットはどんな変化が訪れるのか。FITは抜本的に見直され、日本版FIP(市場価格上乗せ制度)が適用される。具体的な制度の内容を見ていこう。

太陽光マーケットは、FITの抜本見直しでFIPを軸の支援制度へ

再生可能エネルギーの主力電源化と国民負担低減を旗印に、FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の抜本的見直しが進められている。その背景には、どんな理念があり、見直し内容はどこまで固まっているのか。資源エネルギー庁 新エネルギー課長の清水淳太郎氏に聞いた。

FIT抜本見直しの背景-競争電源と地域活用電源とは?

気候変動による甚大な被害を受け、緊急提言が発表された。社会の変化に即して求められる、金融機関の在り方や責任とは。国連環境計画金融イニシアティブの特別顧問である末吉竹二郎氏に話を聞いた。

気候変動リスクに対峙する金融機関の責任と行動とは。

日本はこの先、国を挙げて洋上ウィンドファーム(大規模風力発電施設)の建設を目指す。漁業関係者はじめ先行利用者との利害調整が鍵を握る。有望な区域はどんなところが選ばれているのだろうか。

洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成

「RE100」には加盟していないものの、独自のアプローチで再生可能エネルギー導入拡大に取り組んでいる企業もある。「100%再エネラジオ放送」を行ったり、「100%再エネ劇場」を運営するTBSグループもその1つだ。同社の狙いは、どこにあるのか。メディア企業ならではのビジョンを探った。

TBS、クリーンサタデーを推進! 再エネ放送や再エネ劇場など新機軸に。

グローバル展開するソニーだが、電力消費量の多くを占めるのは、半導体製造などの国内事業。RE100実現のポイントは、国内の再エネ調達をどう実現させていくかだ。日本初、メガワット級太陽光発電設備を活用した「自己託送」に注目が集まる。

ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!

2017年10月、日本企業2番目、建築業界では初めてRE100に加盟した積水ハウス。同社の再エネ調達手法は、太陽光付きの家を手掛けてきた住宅メーカーならではのものだ。鍵を握るのは、卒FIT電力の買い取りサービス。常務執行役員(環境推進担当)の石田建一氏に、その背景と狙いを聞いた。

【積水ハウスの再エネ調達手法】顧客の卒FIT電力を買い取り、自社事業用電力として活用

電力の市場取引において重要なのが「発電予測」だ。メテオコントロールジャパンの「ソーラーパワーフォーキャスト」なら、より精度の高い予測ができる。

電力市場取引に欠かせない高精度な発電予測のポイントは”日射計の導入”

世界をけん引する大手企業は、その購買力と影響力を利用して、電力システムを大きく変革しつつある。2019 年は、CDPとThe Climate Groupが進めるRE100 イニシアティブにとって変革の年となった。

目標達成が30社超!? 世界のRE100の現在地を知ろう!

「RE100」に参加できるのは、一定規模以上の電力を消費している企業に限られる。趣旨に賛同しながらも参加できなかった中小規模の企業や団体・自治体等のために、日本独自の新たな枠組み「再エネ100 宣言 RE Action」が誕生した。

中小企業等の再エネ転換を促す「再エネ100宣言 RE Action」が誕生!

1 2 3 4 6

アクセスランキング

  1. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  2. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  3. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  4. 15歳の少女が始めた「気候変動に対する抗議活動」。今や全世界規模に発展!...
  5. 日本は出遅れている? 電気の生産から貯蔵まで”プロシューマージャー”時代へ...
  6. 日本の太陽光事業を健全化する「アセットマネジメントガイドライン」とは?...
  7. セカンダリーへの備えに最適! 発電量を最大化する”4大ソリューション”...
  8. 太陽光発電所の“最善運用”とは? コスト・品質・効用の最適化がカギ
  9. 10人の若者活動家に密着した、気候“戦記”ドキュメンタリーが順次公開中!...
  10. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?

フリーマガジン

hogehoge

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売