投稿一覧

“2050年カーボン・ニュートラル宣言”により、その勢いを増した脱炭素化。脱炭素化に向けた企業を、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズの代表取締役社長・秋田智一氏に聞いた。

【脱炭素インタビュー】株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ

リユース(再利用)の太陽光発電システムを完備した自社の人工光植物工場(愛媛県松山市)で野菜を栽培して一般消費者向けに出荷するなど、「脱炭素」を強く意識した事業を展開する企業がある。太陽光パネル製造装置メーカーのエヌ・ピーシー(NPC)だ。代表取締役社長の伊藤雅文氏に主力事業や「脱炭素」への取り組みなどについて聞いた。

「リユース」の太陽光パネルを人工光植物工場で活用 製造装置メーカーのNPC

空調機メーカーのダイナエアーに、4分の1のエネルギー消費で済む主力商品について聞いた。

CO2排出量が1/4、省エネの液体デシカント調湿空調機 ダイナエアー

「水道」で蓄積した技術を展開して「小水力発電」分野に挑戦する日本エンヂニヤの牧志龍男社長に、注力する除塵(じょじん)装置などについて聞いた。

除塵装置で小水力発電の普及促進に貢献、日本エンヂニヤ

「脱炭素」の気運が高まる中、産業用変圧器、パワーコンディショナ、蓄電池システム、電気自動車(EV)用充電システムなどを手掛ける大手重電メーカーのダイヘンに、注力する「脱炭素化ソリューション」について聞いた。

「脱炭素社会」実現に貢献、大手重電のダイヘン

発電所の投資対効果を最大限高める遠隔監視システムの重要性が高まっている。メテオコントロールの「VCOM」を導入すれば、複数の発電所の機能をリアルタイムで診断、評価でき、より迅速な事業判断が下せる。

発電低下を検出!“攻めの”遠隔監視システムが発電所の資産価値を高める

本格化するセカンダリー市場への備えとして、稼働済み太陽光発電所の「リパワリング」を可能にするAmptストリングオプティマイザに注目が集まる。

既設案件をリパワリング! 太陽光発電所の資産価値向上法とは。

太陽光発電を長期運営する上で、様々な課題に直面している。そこで検討されているのが「アセットマネジメントガイドライン」だ。太陽光発電のO&Mを手掛ける、株式会社CO2Oの酒井正行社長に、策定の背景について聞いた。

日本の太陽光事業を健全化する「アセットマネジメントガイドライン」とは?

FITからFIPへの転換、発電側基本料金など、激変する日本の太陽光マーケットにこれから訪れる変化を展望する。発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化によって、制度がどのように変わるのだろうか。

太陽光マーケットは、発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化へ

投資家イニシアティブ「国連責任投資原則」が発行され、投資家たちのESG投資やSDGsに関心が高まっている。企業がRE100加盟に意識を高める中、金融機関の環境に対する取り組みの現状とは。

金融の現場から取り組むSDGs達成への投資活動の現状とは。

1 2 3 6

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  3. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  4. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  5. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  6. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  7. 再エネは一過性のブームではない? 安田陽氏が語る「課題と本質」
  8. 太陽光発電所の“最善運用”とは? コスト・品質・効用の最適化がカギ
  9. ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!...
  10. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売