「政策」の検索結果

FIT依存から脱却し、自立化を促そうとする動きが加速している。求められているのは、発電コストのさらなる低減だ。FIT価格を事業者自身が提示し、入札によって競い合う時代が本格的にやってくる。出力制御に対応する調整力も強化していかなければならない。

500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大

平成の30年間、停滞を続けた日本経済。これからの日本経済を立て直すために何が必要なのか。また、その中で再エネが果たすことができる役割とは。経済アナリストの森永卓郎氏に話を聞いた。

経済アナリスト・森永卓郎氏に訊く! 「再エネ投資は社会を豊かにする」か?

風力発電事業を取り巻く環境が大きく変わっている。太陽光発電の適地が減っていくなかで、風力発電は法整備も進み、より一層注目が集まっているのだ。

日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される

地球のエコシステムが壊れつつある。そんな中、日本でも自ら高いハードルを課し、既存の文明社会を転換させる動きがある。牽引するのは環境省だ。同省総合環境政策統括官の中井徳太郎氏に取り組みの現状を聞いた。

鍵を握るのは行政の連携 「地域循環共生圏」の構築に必要なこと

再生可能エネルギーへの投資において、日本が置かれた状況はどうなっているのか。ESG投資の本質とは何か。国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問で、グリーンファイナンス推進機構の代表理事でもある末吉竹二郎氏に話を聞いた。

再エネ普及を支える金融の在り方とは? ESG投資の盛り上がりは続くのか

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 再エネは一過性のブームではない? 安田陽氏が語る「課題と本質」
  4. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  5. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  6. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...
  7. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  8. 日本は出遅れている? 電気の生産から貯蔵まで”プロシューマージャー”時代へ...
  9. 不動産よりもオススメ!? 太陽光発電投資が「安定利益」を狙えるワケ
  10. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売