「制度設計」の検索結果

再生可能エネルギーの主力電源化と国民負担低減を旗印に、FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の抜本的見直しが進められている。その背景には、どんな理念があり、見直し内容はどこまで固まっているのか。資源エネルギー庁 新エネルギー課長の清水淳太郎氏に聞いた。

FIT抜本見直しの背景-競争電源と地域活用電源とは?

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 東急100年目の挑戦! 鉄道事業の電力もRE100へ
  4. 太陽光マーケットは、発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化へ
  5. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  6. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...
  7. TBS、クリーンサタデーを推進! 再エネ放送や再エネ劇場など新機軸に。
  8. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  9. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  10. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売