「再エネ」の検索結果

リユース(再利用)の太陽光発電システムを完備した自社の人工光植物工場(愛媛県松山市)で野菜を栽培して一般消費者向けに出荷するなど、「脱炭素」を強く意識した事業を展開する企業がある。太陽光パネル製造装置メーカーのエヌ・ピーシー(NPC)だ。代表取締役社長の伊藤雅文氏に主力事業や「脱炭素」への取り組みなどについて聞いた。

「リユース」の太陽光パネルを人工光植物工場で活用 製造装置メーカーのNPC

「脱炭素」の気運が高まる中、産業用変圧器、パワーコンディショナ、蓄電池システム、電気自動車(EV)用充電システムなどを手掛ける大手重電メーカーのダイヘンに、注力する「脱炭素化ソリューション」について聞いた。

「脱炭素社会」実現に貢献、大手重電のダイヘン

再生可能エネルギーの主力電源化と国民負担低減を旗印に、FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の抜本的見直しが進められている。その背景には、どんな理念があり、見直し内容はどこまで固まっているのか。資源エネルギー庁 新エネルギー課長の清水淳太郎氏に聞いた。

FIT抜本見直しの背景-競争電源と地域活用電源とは?

再エネを取り巻く環境が、大きく変わろうとしている。FIT頼みではない、自立したビジネスモデルの構築が急がれている。電力会社とともに系統安定を担ってきた東芝は、いま非FIT市場に何を見るのか。

非FIT市場を支える。東芝の再エネの最適運用・取引サービスとは。

アクセスランキング

  1. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  4. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  5. 太陽光発電所の“最善運用”とは? コスト・品質・効用の最適化がカギ
  6. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  7. 15歳の少女が始めた「気候変動に対する抗議活動」。今や全世界規模に発展!...
  8. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?
  9. 電力市場取引に欠かせない高精度な発電予測のポイントは”日射計の導入”...
  10. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...

フリーマガジン

hogehoge

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売