「経済産業省」の検索結果

FIT依存から脱却し、自立化を促そうとする動きが加速している。求められているのは、発電コストのさらなる低減だ。FIT価格を事業者自身が提示し、入札によって競い合う時代が本格的にやってくる。出力制御に対応する調整力も強化していかなければならない。

500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大

風力発電事業を取り巻く環境が大きく変わっている。太陽光発電の適地が減っていくなかで、風力発電は法整備も進み、より一層注目が集まっているのだ。

日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  4. FIT抜本見直しの背景-競争電源と地域活用電源とは?
  5. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  6. ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!...
  7. 15歳の少女が始めた「気候変動に対する抗議活動」。今や全世界規模に発展!...
  8. 早くも再エネ100%達成! 日本の金融機関で唯一RE100参加の”城南信用金庫”...
  9. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...
  10. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売