風力ビジネス

日本はこの先、国を挙げて洋上ウィンドファーム(大規模風力発電施設)の建設を目指す。漁業関係者はじめ先行利用者との利害調整が鍵を握る。有望な区域はどんなところが選ばれているのだろうか。

洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成

航空機エンジンからエネルギー、ヘルスケアまで幅広い事業展開を図り、世界有数の風力メーカーとしても知られる米ゼネラル・エレクトリック(GE)。同社はいま、日本の風力発電市場に何を見ているのか。再生可能エネルギー事業部・北アジア代表の大西英之氏を訪ねた。

日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来

風力発電事業を取り巻く環境が大きく変わっている。太陽光発電の適地が減っていくなかで、風力発電は法整備も進み、より一層注目が集まっているのだ。

日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される

風車の寿命は、タービンギアやベアリングの損耗を防ぐことで飛躍的に伸びるという。風力タービン・ギアボックス専用コーティング剤のリーディングカンパニー、REWITEC(レヴィテック)日本総代理店代表のミハエル・クルム氏に聞いた。

ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤

これからの急拡大が予見される日本の風力発電市場。風車メーカーも体制づくりに躍起だ。実績ある欧州企業と日本ブランドとの提携が進む。合併により洋上風力をリードする三菱重工、提携拡大によりサービスを特化した日立、提携先が破綻した東芝。早くも、明暗が分かれた。

国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ

これからの風力発電は “洋上”が主役になる。洋上新法誕生を機に、再エネファンドからも熱い注目を集める洋上風力発電。いま、風力業界は何を見据え、どこに向かおうとしているのか。日本風力発電協会代表理事、加藤仁氏に聞いた。

新法施行を産業創出の契機となるか? 期待が高まる「洋上風力」

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  4. 太陽光マーケットは、発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化へ
  5. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...
  6. 新法施行を産業創出の契機となるか? 期待が高まる「洋上風力」
  7. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?
  8. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  9. 目標達成が30社超!? 世界のRE100の現在地を知ろう!
  10. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売