太陽光ビジネス

既設案件をリパワリング! 太陽光発電所の資産価値向上法とは。

本格化するセカンダリー市場への備えとして、稼働済み太陽光発電所の「リパワリング」を可能にするAmptストリングオプティマイザに注目が集まる。

発電量を高めて資産価値UP
発電事業をリパワリングする

徐々に拡大が進むセカンダリー市場。保有する発電所の資産価値を高める「リパワリング」を実行する時に注目なのが、「Amptストリングオプティマイザ」だ。

発電所は通常、影や経年劣化による発電能力の低下に伴いミスマッチ損失が発生して収益力が低下する。ストリングオプティマイザは、影がかかるアレイとかからないアレイ間に生じる電気的なミスマッチを調整し、パワコンの合成出力を最大化することができる。

600V系パワコンから1000V系パワコンへの交換も発電量を高める有効な手立てだが、ストリングオプティマイザがあれば、法的な区分変更や配線工事なしでの交換が可能となる。上の表の通り、なんと6.5%~8.5%もの発電量UPが期待できるのだ。早期に着手するほど大きな収益アップが見込めるため、通常10年の保証期間終了を待たずに交換することを検討しても良いだろう。

さらに、オプションのコミュニケーションユニット(CU)によって各ストリングをモニタリングでき、駆けつけ等のメンテナンスコストを抑え、問題の早期発見により発電損失を抑制。DC側に蓄電池を配置してACグリッドからの充電で生じる変換ロスを無くし、総合充放電効率に優れた蓄電システムを構築することも可能だ。

既設はもちろん新設においても、資産価値の高い発電所づくりに欠かせないソリューションなのだ。

発電量を高める
Amptストリングオプティマイザの魅力

ミスマッチ損失の低減

Amptストリングオプティマイザは、影や経年劣化などによる発電低下の影響を最小限にとどめ、ミスマッチ損失を抑える。この事例では、影がかかってしまうアレイにストリングオプティマイザを導入。下のグラフのように、パワコン3の合成出力を最大化し、ミスマッチ損失を低減した。影のあるストリングでは、2017年6~12月と比較して、2018年6~12月はなんと発電量が8.2%も向上した。

Amptによるミスマッチ損失のリカバリンググラフ

新型パワコンへの早期リプレース
Amptストリングオプティマイザを使えば、旧式の600V系パワコンから1000V系の新型パワコンへの交換が、配線工事や法的な高圧区分への変更なしで可能になる。Amptオプティマイザが最適出力電圧Vmを1000V系パワコンのMPPT範囲(530~550V)に制御。パネルの直列数はそのままで、1000V系パワコンを使用可能。5~10年経過しているシステムにおいては6.5~8.5%の発電量UPが期待できる。

600V系パワコンと1000V系パワコンパワコンの発電量比較

モニタリングによるメンテナンスの充実

Amptストリングオプティマイザが備えるストリングモニタリングに日射計を組み合せることで、近隣の樹木や建物の影、アレイの方位や隣接するアレイの影など、様々な要素によって生じるストリングごとの特性を分析できる。また、自動故障診断で、駆付けメンテナンスコストなどを削減することも可能となる。問題を早期に発見することにより発電量損失を低減できる。

蓄電池の効率的な導入もサポート!

Amptストリングオプティマイザの「ダイレクト・トゥ・バッテリー」テクノロジーによって、オプティマイザ・蓄電池・インバータが1つのDCバスをシェアできるため、蓄電池専用の充電制御装置を追加する必要がない。電気の変換ロスを抑えて効率的な蓄電池付き太陽光発電所を構築することが可能となるのだ。

問い合わせ

アンプトジャパン合同会社
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-12 日総第12ビル10階
TEL:045-565-9977


Repowering existing PV power plants

Incresing the value of PV power plants by “Ampt String Optimizers” for the secondary market

As a preparation for the developing secondary market, Ampt String Optimizers which enable to “repowering” is distinguished.

Text: Kosuke Oneda

Repowering the PV industry to increase the value of asset by enhancing the performance of PV power plants

 
The secondary market is gradually expanding today. “Ampt String Optimizers” is remarked when “repowering” is done to increase the value of PV power plants. PV power plants experience a loss in benefit capacities due to electrical mismatch with degradation from aging and environmental conditions, such as shade. String Optimizer can maximize the combined output by adjusting voltage amang arrays.Using Ampt String Optimizers also allows legacy inverters (PCS) to be replaced with lower-cost modern inverters. String Optimizers deliver full available power from the PV array at a fixed or narrow voltage range that can be set within the newer inverter’s operating range and below the maximum system voltage. This means higher efficiency 1000-volt inverters can deliver full rated power in 600-volt systems when deployed with Ampt. By using a higher efficiency inverter and increasing the performance of the array with string-level MPPT, overall system generation can be expected to increase by 6.5% to 8.5% as figure above. It may be better to consider early installing Ampt String Optimizers before 10 years, warranty period, pass. That is because it is expected to generate more profit by early installing Ampt String Optimizers. Moreover, “Communication Unite“ enable to monitor each string, and it can be early to find an accident. It lead to cost down for maintenance and reduce a less in electric generation. Ampt String Optimizers allow battery storage systems to be added to the DC side. Compared to AC-coupled storage, DC-coupled storage achieves higher roundtrip efficiency and captures energy that would otherwise be lost during utility curtailment and inverter clipping. For both existing and newly-established PV power plants, Ampt Strin Optimizers is an essential solution.

Reducing electric mismatch

Ampt String Optimizers reduce a less in electric power generation owing to the effect of shade and aging degradation. In this case, Ampt String Optimizers is installed in shaded array. It maximize the combined output of three power conditionor and reduce electrical mismatch. About the shaded array, electric power generation increace 8.2% for six months, from June to December, in 2018, compared to the last year.

Early replacement of the late model power conditionor

Using Ampt String Optimizers also allows legacy 600-volt power conditionor to be replaced with late model 1000-volt. Ampt String Optimizers adjust optimally output within the scale of stringlevel MPPT(from 530V to 550V). That make it possible to install 1000V power conditior without alteration of number of panels. Regar to the system operated for 5 to 10 years, it is expected to increase electric power generation by 6.5% to 8.5%.

Substantial maintenance by monitering system

By combining string monitering system that Ampt String Optimizers has with phyheliometer, it is possible to clarify the factor of differences of electric power generation among strings. Automatic-self-esteem can find problem early, and it can be also costdown for maintenance.

Support for effictively installing battery

Ampt String Optimizers has a technology, “Direct-To-Battery”. This technology can make it needless to add control device for battery because optimizer, battery and inverter share DC. It is possible to constract PV power plant reducing less of electricity with high efficiency battery

Ampt, LLC,

Nisso Bldg. 12, 10 Fl, 3-6-12 Shinyokohama, Kohoku-ku, Yokohama, Kanagawa, Japan
Ph: +81-(0)45-565-9977 www.ampt.com


文/大根田康介

RE JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

Sponsored by アンプトジャパン合同会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!...
  4. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...
  5. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  6. 東急100年目の挑戦! 鉄道事業の電力もRE100へ
  7. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  8. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  9. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...
  10. 電力市場取引に欠かせない高精度な発電予測のポイントは”日射計の導入”...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売