太陽光ビジネス

発電所の投資対効果を最大限高める遠隔監視システムの重要性が高まっている。メテオコントロールの「VCOM」を導入すれば、複数の発電所の機能をリアルタイムで診断、評価でき、より迅速な事業判断が下せる。

発電低下を検出!“攻めの”遠隔監視システムが発電所の資産価値を高める

本格化するセカンダリー市場への備えとして、稼働済み太陽光発電所の「リパワリング」を可能にするAmptストリングオプティマイザに注目が集まる。

既設案件をリパワリング! 太陽光発電所の資産価値向上法とは。

太陽光発電を長期運営する上で、様々な課題に直面している。そこで検討されているのが「アセットマネジメントガイドライン」だ。太陽光発電のO&Mを手掛ける、株式会社CO2Oの酒井正行社長に、策定の背景について聞いた。

日本の太陽光事業を健全化する「アセットマネジメントガイドライン」とは?

FITからFIPへの転換、発電側基本料金など、激変する日本の太陽光マーケットにこれから訪れる変化を展望する。発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化によって、制度がどのように変わるのだろうか。

太陽光マーケットは、発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化へ

日本の太陽光マーケットはどんな変化が訪れるのか。FITは抜本的に見直され、日本版FIP(市場価格上乗せ制度)が適用される。具体的な制度の内容を見ていこう。

太陽光マーケットは、FITの抜本見直しでFIPを軸の支援制度へ

グローバル展開するソニーだが、電力消費量の多くを占めるのは、半導体製造などの国内事業。RE100実現のポイントは、国内の再エネ調達をどう実現させていくかだ。日本初、メガワット級太陽光発電設備を活用した「自己託送」に注目が集まる。

ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!

2017年10月、日本企業2番目、建築業界では初めてRE100に加盟した積水ハウス。同社の再エネ調達手法は、太陽光付きの家を手掛けてきた住宅メーカーならではのものだ。鍵を握るのは、卒FIT電力の買い取りサービス。常務執行役員(環境推進担当)の石田建一氏に、その背景と狙いを聞いた。

【積水ハウスの再エネ調達手法】顧客の卒FIT電力を買い取り、自社事業用電力として活用

電力の市場取引において重要なのが「発電予測」だ。メテオコントロールジャパンの「ソーラーパワーフォーキャスト」なら、より精度の高い予測ができる。

電力市場取引に欠かせない高精度な発電予測のポイントは”日射計の導入”

化石燃料に依存するしかなかった重化学工業のエネルギー。それが、太陽光に置き換わるかもしれない未来が見えてきた。今後のさらなるクリーンエネルギー促進へ、ブレイクスルーになる可能性があるので注目したい!

太陽“集”光システムが、クリーンエネルギー促進のブレイクスルーになるか!?

この先、再エネを系統連系していくために欠かせないものは何か。日本では、まっ先に「蓄電池」が挙げられるが、それは正しい解答なのか。送電線の「空き容量問題」に火を着け、系統問題の第一人者として知られる安田陽氏(京都大学大学院 特任教授)に、その解を求めた。

系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!

1 2

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. ソニーが「自己託送制度」を利用! 離れた場所の再エネ電力を自社消費に!...
  4. 東急100年目の挑戦! 鉄道事業の電力もRE100へ
  5. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...
  6. 新法施行を産業創出の契機となるか? 期待が高まる「洋上風力」
  7. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  8. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?
  9. 電力市場取引に欠かせない高精度な発電予測のポイントは”日射計の導入”...
  10. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売