投資戦略

SDGsの達成に向けて、金融機関はどのように動いているのだろうか。多様化する資産運用ニーズに応じたコンサルティングを提供するSMBC日興証券に話を聞いた。

早期から環境へ投資! SMBC日興証券のSDGs達成への取り組み

SDGsの達成に向けて、金融機関はどのようにうごいているのだろうか。約90兆円(約7200億ユーロ*1)の資産を預かる資産運用会社であるドイチェ・アセットに取り組みについて聞いた。

世界有数の資産運用会社 ドイチェ・アセットのSDGs達成への取り組み

FIT制度や世界的なエネルギー変革の流れにより、太陽光発電投資が注目を集めている。地球環境に貢献できる素晴らしい投資であるが、果たして経済合理性はあるのだろうか。環境経営コンサルタントの村沢義久氏に話を伺った。

不動産よりもオススメ!? 太陽光発電投資が「安定利益」を狙えるワケ

平成の30年間、停滞を続けた日本経済。これからの日本経済を立て直すために何が必要なのか。また、その中で再エネが果たすことができる役割とは。経済アナリストの森永卓郎氏に話を聞いた。

経済アナリスト・森永卓郎氏に訊く! 「再エネ投資は社会を豊かにする」か?

電力をめぐる状況は刻々と変化し続けている。再エネを活用したプロジェクトやオフグリッド化にむけた動きなど、世界的には大きなエネルギー変革が起こっているのだ。自然エネルギーの第一人者である環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長の飯田哲也氏に、これから訪れる新たな時代について話を伺った。

日本は出遅れている? 電気の生産から貯蔵まで”プロシューマージャー”時代へ

再エネは、外部コストが少なく便益が大きいからこそ、世界中の投資家や政策決定者に選択されている。「送電線の空き容量」に鋭く迫ったことで知られる京都大学大学院特任教授・安田陽氏の言葉には、再エネ投資を考えるうえでの重要なヒントが満ちている。

再エネは一過性のブームではない? 安田陽氏が語る「課題と本質」

アップル、グーグル、マイクロソフト、イケア、フェイスブック、GM、ナイキ、スターバックス、ビザ、ウォルマートストア。これらのグローバルリーディングカンパニーは、再生可能エネルギー(再エネ)への100%転換と、持続可能な社会を創造することを目標とする企業のほんの一部である。

“RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ

地球のエコシステムが壊れつつある。そんな中、日本でも自ら高いハードルを課し、既存の文明社会を転換させる動きがある。牽引するのは環境省だ。同省総合環境政策統括官の中井徳太郎氏に取り組みの現状を聞いた。

鍵を握るのは行政の連携 「地域循環共生圏」の構築に必要なこと

再生可能エネルギーへの投資において、日本が置かれた状況はどうなっているのか。ESG投資の本質とは何か。国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問で、グリーンファイナンス推進機構の代表理事でもある末吉竹二郎氏に話を聞いた。

再エネ普及を支える金融の在り方とは? ESG投資の盛り上がりは続くのか

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 日本の再エネ、伸びしろは風力にあり? 環境整備による飛躍的成長が期待される...
  4. ギア歯面・ベアリングの損耗を抑制! 風車を長持ちさせるコーティング剤...
  5. 500kW以上の太陽光は入札制に移行、出力制御の対象は500kW未満まで拡大
  6. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  7. 日本は出遅れている? 電気の生産から貯蔵まで”プロシューマージャー”時代へ...
  8. 太陽光発電所の“最善運用”とは? コスト・品質・効用の最適化がカギ
  9. 新法施行を産業創出の契機となるか? 期待が高まる「洋上風力」
  10. 市場整備が進むPVセカンダリー、収益性向上のために必要なこととは?

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売