投資戦略

投資家イニシアティブ「国連責任投資原則」が発行され、投資家たちのESG投資やSDGsに関心が高まっている。企業がRE100加盟に意識を高める中、金融機関の環境に対する取り組みの現状とは。

金融の現場から取り組むSDGs達成への投資活動の現状とは。

再生可能エネルギーの主力電源化と国民負担低減を旗印に、FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の抜本的見直しが進められている。その背景には、どんな理念があり、見直し内容はどこまで固まっているのか。資源エネルギー庁 新エネルギー課長の清水淳太郎氏に聞いた。

FIT抜本見直しの背景-競争電源と地域活用電源とは?

世界をけん引する大手企業は、その購買力と影響力を利用して、電力システムを大きく変革しつつある。2019 年は、CDPとThe Climate Groupが進めるRE100 イニシアティブにとって変革の年となった。

目標達成が30社超!? 世界のRE100の現在地を知ろう!

「RE100」に参加できるのは、一定規模以上の電力を消費している企業に限られる。趣旨に賛同しながらも参加できなかった中小規模の企業や団体・自治体等のために、日本独自の新たな枠組み「再エネ100 宣言 RE Action」が誕生した。

中小企業等の再エネ転換を促す「再エネ100宣言 RE Action」が誕生!

再エネを取り巻く環境が、大きく変わろうとしている。FIT頼みではない、自立したビジネスモデルの構築が急がれている。電力会社とともに系統安定を担ってきた東芝は、いま非FIT市場に何を見るのか。

非FIT市場を支える。東芝の再エネの最適運用・取引サービスとは。

世界の大企業がRE100 やEP100 へ加盟し、“脱炭素社会実現”へ意欲を見せている。世界が脱炭素への動きを加速させる中、日本に求められることとは。RE100 を取りまとめる「We Mean Business」のナイジェル・トッピング氏に話を聞いた。

世界で高まる脱炭素への動き。日本に求められることとは何だろうか。

再生可能エネルギー導入拡大に向けて、電力需要家が新たな主役に躍り出た。経済合理性に導かれ、いま企業が再エネを求めている。その動きはビジネスを変え、脱炭素社会への移行を加速する。RE100 ──その真実を解く。

ビジネスシーンは再エネ100%へ! 電力需要家が牽引する脱炭素社会

SDGsの達成に向けて、金融機関はどのように動いているのだろうか。多様化する資産運用ニーズに応じたコンサルティングを提供するSMBC日興証券に話を聞いた。

早期から環境へ投資! SMBC日興証券のSDGs達成への取り組み

SDGsの達成に向けて、金融機関はどのようにうごいているのだろうか。約90兆円(約7200億ユーロ*1)の資産を預かる資産運用会社であるドイチェ・アセットに取り組みについて聞いた。

世界有数の資産運用会社 ドイチェ・アセットのSDGs達成への取り組み

FIT制度や世界的なエネルギー変革の流れにより、太陽光発電投資が注目を集めている。地球環境に貢献できる素晴らしい投資であるが、果たして経済合理性はあるのだろうか。環境経営コンサルタントの村沢義久氏に話を伺った。

不動産よりもオススメ!? 太陽光発電投資が「安定利益」を狙えるワケ

1 2

アクセスランキング

  1. 国内外風車メーカーの提携が活発化! 日本市場での本格展開へ
  2. 日本の風力発電はどう変わる? 世界有数の風力メーカー・GEが描く未来
  3. 系統柔軟性―― そこに蓄電池は必要か? 系統問題の第一人者に聞く!
  4. 太陽光マーケットは、発電側基本料金の導入と廃棄費用積立の義務化へ
  5. 洋上風力発電の「促進区域」が見えてきた。成否を分けるのは地元合意形成...
  6. 新法施行を産業創出の契機となるか? 期待が高まる「洋上風力」
  7. 【再エネ電力調達ガイド】RE100が認める再エネ電力とは?
  8. PR保証&出力制御も遠隔対応! 日本の再エネを支えるグローバル標準O&M...
  9. “RE100企業”が再エネ需要を牽引! 2030年までに102GWへ
  10. 15歳の少女が始めた「気候変動に対する抗議活動」。今や全世界規模に発展!...

フリーマガジン

「RE JOURNAL」

vol.02 / ¥1,000
2019年12月26日発売